旅行はリラックスし、元気を回復させる時間です。ですから懸命に働く私たちこそ休息をとるのに値しますよね。

 

なんにでも様々なものに引き付けられ、心を奪われることが大切

ファッションモデルの頃世界中を旅しました。仕事で夢のような国々、日本、ドイツ、スウェーデン、インドネシア、香港へ行き、色々な文化、生活習慣、ビジネスを見て回ることができました。旅先では無駄なものは何もなく、私の目は様々なものに引き付けられ、心を奪われました。

一番のお気に入りは小売店でした。旅行に行くといつでも小売店を見て回り、店で売っているもの、それをどう売っているか、商品の展示の仕方、1平米にいくつ商品を置いているかなどを把握しようとしました。スタッフの制服、什器、照明、お客様にも注目し、何を買い、何を触りどこに興味を持っているのかなども観察しました。

 

ビジネスのコンセプトは旅行から生まれた

1997年に均一価格のコンセプトを思いついたのは、旅行から得た知識が基になっているのです。私と旅行をともにした忠実で我慢強い夫は、私を「店舗中毒」と名付けたくらいです。調査のために日本のすべてのドラッグストアを回ったのですから当然ですね。

 

太陽の下には新しものなど何もない

創造力はどこから生まれると思いますか。太陽の下には新しいものなど何もありません。インスピレーションを持つことがカギになり、そこからアイデアが生まれ、そのアイデアに変化を加えていくのです。そのためには注意深さが必要です。アイデアや知識を吸収するのにすべての時間を使いましょう。そして関連したアイデアを確かめ、その業界のことを徹底的に学ぶのです。

休暇は素敵な写真よりずっと価値のある経験になり得るし、お土産としてインスピレーションを集めてくれば、何億ドルもの価値あるアイデアになり得るのです。